このページを編集する

プロポーズ・記念日・婚約/結婚指輪で人気ブランドのラザール ダイヤモンド

http://anniversary-diamond.net/contents
何故カットの良いダイヤモンドが光り輝くのか。

4Cのうちのカットとは、ダイヤモンドの煌きや輝きを引き出す研磨のことをいいます。
この良し悪しがダイヤモンドの美しさや価値を決定づけます。他の3つのCとは異なり、唯一人間が直接影響を与えるもので、ダイヤモンドの美しさに多大な影響を与えます。

輝きよりもカラットを重視した深すぎるカット

カットが深すぎると、光は間違った角度で反対の面に反射します。
その結果、光は上部へ反射せず、側面から失われ、ダイヤモンドの中央が暗くなることがあります。

内包物等を避けるための浅いカット

カットが浅すぎると光は底から漏れ出てしまいます。ダイヤモンドの光は鈍く弱々しく反射されます。

ダイヤモンドの輝きを最重視したカット アイディアルメイク その1

理想的にカットされたダイヤモンドは、あらゆる面からの入射光線が中心に向かって屈折し、対面に反射して輝きをさらに増しながら上面から放たれます。アイディアルメイク(理想的なカット)は、

内面の反射による【ブライトネス

反射光が屈折して七色に見える【ファイヤー
ダイヤモンドの表面で光が反射する【スパークル

以上3つの絶妙なバランスにより、最高度の輝きが得られるカットです。

ダイヤモンドの輝きを最重視したカット アイディアルメイク その2

輝きの3要素がバランス良く合わせると、ダイヤモンドだけが持つ理想の輝きを放ちます。
これは、LAZARE DIAMONDだけが成せる究極のカッティング技術<アイディアルメイク>です。
GIA基準のカット最高評価「EXCELLENT」の範囲より狭い基準値で、最高峰の輝きを放つカットと表現されます。