このページを編集する

プロポーズ・記念日・婚約/結婚指輪のラザール ダイヤモンド

http://anniversary-diamond.net/contents

ラザール ダイヤモンド 基礎知識編

目次
◆ LAZARE KAPLAN グループについて
◆ THE LAZARE DIAMOND とは
◆ CHAPTER 1 Mr. ダイヤモンドと呼ばれたラザール・キャプラン
◆ CHAPTER 2 理想的なカットと呼ばれるアイディアルメイク
◆ CHAPTER 3 鑑定書に出てこない大事な要素、それは原石の質にある
◆ CHAPTER 4 ラザールの最大の特徴「ファイアー」
◆ CHAPTER 5 マイクロID 刻印、それは安心と信頼の証
◆ CHAPTER 6 ラザール ダイヤモンドは世界中で信頼されるダイヤモンド
◆ CHAPTER 7 ラザール ダイヤモンドはルースと枠を別々に選ぶことができる
◆ CHAPTER 8 100年を超えても変わらない本物のダイヤモンド
◆ LAZARE KAPLAN グループの歩み
◆ Five Beliefs 5つの信条

LAZARE KAPLAN グループについて

本社:LAZARE KAPLAN INTERNATIONAL(米国・ニューヨーク)
設立:1903 年 
取扱商品:ダイヤモンド原石販売及び研磨石製造販売
主力ブランド:THE LAZARE DIAMOND
日本支社:LAZARE KAPLAN JAPAN(東京)
THE LAZARE DIAMOND ブランドを中心に全国で展開
1969 年日本国内販売開始後、日本国内で約110 店舗にてブランド展開(2015年5月現在)


THE LAZARE DIAMOND とは

「世界で最も美しいダイヤモンド」と称されるブランド、『THE LAZARE DIAMOND』
世界中のダイヤモンド・ディーラーが希少価値の高いダイヤモンドを求めて訪れるニューヨークでこのブランドは生まれました。創業者であるラザール・キャプランの不変の理念〈正しい事を続けること〉から生まれた、ダイヤモンドを常に正確にカットし続けることを1世紀以上実践し、世界中のセレブに愛用されている高品質ダイヤモンドブランドです。
0.18ct以上のラウンドブリリアントカット全てに世界初のダイヤモンドレーザー刻印を施し、そのダイヤモンドの品質を保証し、お客さまの所有の明確化を実現します。
ブライダルジュエリーをはじめ、さまざまなファッションジュエリー、大粒ダイヤを施したラグジュアリージュエリーの展開も豊富で、幅広いユーザーのニーズに対応した総合ダイヤモンドブランドを確立。現在世界の主要地域で展開し、日本国内においても選ばれた高級宝飾店にて販売しております。


CHAPTER 1 Mr. ダイヤモンドと呼ばれたラザール・キャプラン
lkdc1.jpg
LAZARE KAPLAN 社の創業者であるラザール・キャプランは、ダイヤモンドの理想的カットであるアイディアルメイクを世界ではじめて実践しました。現在の宝石学の基準であるGIA(アメリカ宝石学会)設立に大きく関与したラザール・キャプランは、後に名誉副会長に任命されます。
1936 年には当時世界で2 番目に大きく、世界で最も良質な原石『ヨンカー・ダイヤモンド』のカットに成功します。
その他にも、アメリカのダイヤモンド企業で初めて上場を果たし、世界初のダイヤモンド用マイクロレーザー刻印機を開発しました。
これらの業績から、1979 年にはジュエラーズ・オブ・アメリカ初の殿堂入りをし、Mr. ダイヤモンドと称されました。


CHAPTER 2 理想的なカットと呼ばれるアイディアルメイク
アイディアルメイク=アメリカン・ブリリアント・カット= GIA のカット基準のもととなったカットです。
GIA の教材に明記された理想的なカットとされ、約半世紀前は幻のダイヤモンドと呼ばれていました。
輝きの三要素を美しく表現する理想のカット『アイディアルメイク』により、遠くから見ると一般のダイヤモンドより大きく見えます。
idper.jpg

輝きの3要素
●ブライトネス(画像左):ダイヤモンドを正面から見たときの白色光(ブリリアンシー)
●ファイアー(画像中下):プリズムによる虹色の輝き(ディスパージョン)
●スパークル(画像右):主にファセット面からの反射光(シンチレーション)


【ワンポイントアドバイス】

良いダイヤを簡単に見分ける方法は暗い場所で見る!
カッティングが最高のダイヤモンドはわずかな光でも反射するので、カットの悪いダイヤモンドと暗いところで比較するとその違いがよく分かります。これは、輝きの3要素の1つであるファイアー(ディスパージョン)による効果です。
ラザール ダイヤモンドを照らす光の特徴によってダイヤの輝き方が変わります。
蛍光灯:白く光る。
ハロゲンライト:暖色系に光る。
LED(複数の光源):七色が強くなる。
太陽光:最も強く輝く。
暗がり:正確なプロポーションによりわずかな光をも反射する。


CHAPTER 3 鑑定書に出てこない大事な要素、それは原石の質にある
ダイヤモンドは原石の質によって輝きが変わります。
素直に成長した原石は磨きやすく、ツヤ・テリが良く仕上がります。LKIグループは世界中の生産地にネットワークを持っているため、数少ない良質の原石をより多く集めることが可能です。ラザール ダイヤモンドは良質な原石をカットした、美しいダイヤモンドをお客さまにご提供できます。
DT23.jpg

【ワンポイントアドバイス】

ラザール ダイヤモンドは、一般ダイヤよりカラーが1 色、2 色良く見える。
美しい原石によるダイヤモンドは、磨き上がりがきれいになります。磨きの違いからツヤ・テリが出て、色もきれいに見えるのです。更に、アイディアルメイクの強烈なブライトネスにより、上部の光が全反射し、実際のダイヤの色がより美しく見えます。


CHAPTER 4 ラザールの最大の特徴「ファイアー」
プリズム効果「ファイアー」
ダイヤモンドには、内部にプリズムの役割をする部分があります。ダイヤモンドが深かったり、浅かったりするとこのプリズムの部分がきちんと機能しなくなるため、虹色の輝きが弱くなります。つまり、ファイアー(虹色光)が多く輝いているダイヤモンドはカットが良い証拠なのです。
「アイディアルメイク」と一般のダイヤの大きな違いは、『虹色の輝き』です。
fireeeee.jpg
【ワンポイントアドバイス】

虹色は心理学上、癒しと幸せの色彩。
虹色は多くの女性に好まれます。女性のお客さまにお伝えする際のセールストークで「ファイアー」についてお伝えするとより効果的です。


CHAPTER 5 マイクロID 刻印、それは安心と信頼の証
マイクロID 刻印とは
0.18ct以上のラウンドブリリアントカットのダイヤモンドには、レーザーによる「マイクロID刻印」が施されております。これはダイヤモンドの輝きに唯一影響のないガードル部分(外周面)のミクロの識別刻印です。
マイクロID 刻印の2大特性
○品質の保証
マイクロID 刻印は最高の品質であるという保証です。品質を満たしていないものには刻印はされません。
○所有の証明
半永久的に残る刻印は、お客さまのダイヤモンドであるという所有の証明になります。
123456usa.JPG
【ワンポイントアドバイス】
ラザール ダイヤモンドは、男性のお客さまに支持されやすい。
女性は実際に目で見た輝きに感動し、男性は品質を裏付ける根拠や歴史に納得します。男性は、ブライダル、アニバーサリーとして贈り物をお求めになることが多く、レーザーメッセージ刻印を希望される方が多いのです。


CHAPTER 6 ラザール ダイヤモンドは世界中で信頼されるダイヤモンド
世界中で信頼される5 つの理由
①ラザール ダイヤモンドは発売元がカッティングメーカー自身であるため、トレサビリティ(流通の透明性)が明確です。
② 品質が一定で、ラウンドブリリアントカットはすべてアイディアルメイクで統一されているので輝きにブレがありません。
③ルースのプライスリストがあり、0.18ct~ 0.89ctまでのラウンドブリリアントカットの価格表が設定されているため、価格に正当性があります。
④ 0.18ct以上のラウンドブリリアントカットのダイヤモンドには、マイクロID 刻印が施されています。そのため、品質も保証されています。
⑤ 北米・ヨーロッパ・アジア・日本など世界の主要地域で展開しています。
nynyny.jpg
【ワンポイントアドバイス】
ラザール ダイヤモンドルースをお客さまの指に直接乗せると衝撃的な印象を与えることができます。
普段ユーザーはダイヤモンドのルース(裸石)を手にする機会は少ないと思います。そのため手の上のルースは、ダイヤモンドの温度、感触、重さを感じることができるうえ、枠、爪がないアイディアルメイクのルースが究極の美しさであるということを実感していただけます。その際は、ルースの取扱いに、十分ご注意ください。


CHAPTER 7 ラザール ダイヤモンドはルースと枠を別々に選ぶことができる
ラザール ダイヤモンドはマイクロID 刻印が施されているため、ルースの状態でもグレードを特定することができます。そして、ルース価格と枠代も別々に設定されているため、ルースと枠を別々に選ぶことが出来ます。
ラザール ダイヤモンドのデザイン数はブライダル、ファッションまで豊富なバリエーションを有し、枠を外してもブランドと認識できる数少ないダイヤモンドです。お客さまのご予算やご要望にきめ細かく対応いたします。
heror601.jpg


CHAPTER 8 100年を超えても変わらない本物のダイヤモンド
成熟したジュエリーの世界では、お客さまの目が一層厳しくなってまいります。
さらにインターネット、SNSの発達により情報の伝わりが早く、ダイヤモンドの良し悪しもごまかしが効かなくなっています。ラザール ダイヤモンドは、創業者であるラザール・キャプランの不変の理念〈正しい事を続けること〉を守り続け、本物の歴史、本物の品質、本物の信念にこだわり続けて、1世紀以上変わらぬ商品を提供し続けております。
長い間、業界を牽引し続けた本物の歴史が、何よりの信頼の証です。長く受け継がれるものだからこそ、時代が変わってもいつまでも変わらない価値でありつづける本物のダイヤモンドをご提供しています。
nybrue.jpg

LAZARE KAPLAN グループの歩み

1903 年 ラザール・キャプランがベルギーのアントワープでダイヤモンドのカッティング事業をはじめる。
1914 年 米ニューヨークにラザール・キャプラン・インターナショナル社(以下、LKI)を設立。
1917 年 プエルトリコのボンセに初めてのダイヤモンド・カッティング工場を設立。
1919 年 ラザール・キャプランが初めてアイディアルメイクのダイヤモンドをカッティング。
1936 年 ラザール・キャプランがヨンカーダイヤモンドのカットに成功。ダイヤモンド・カッターとして不動の地位を築く。
1937 年 LKI 社がAmerican Gem Society(AGS)のメンバーに加わる。
1946 年 LKI 社がダイヤモンド・トレーディング・カンパニー(DTC)のサイトホルダーとなる。
1957 年 マスターカッターのラザール・キャプランの手によってオーヴァルカットに新たな輝きを放つオーヴァル・エレガンスが登場。
1958 年 ラザール・キャプランの息子、ジョージ・キャプランが、Gemological Institute of America(GIA 米国宝石学協会)の取締役に任命される。
1964 年 ラザール・キャプランがGIA の名誉副会長に任命される。
1969 年 ラザール・キャプランのアイデアルメイクが施されたダイヤモンドが初めて日本で販売される。
1972 年 米国で登録されているダイヤモンド・カッティング会社として、初めて株式公開をする。
1976 年 ラザール・キャプランがGIA の副会長に任命される。
1977 年 ラザール・キャプランの息子、リオ・キャプランがAmerican Gem Society(AGS)が贈る最も名誉のあるロバート・M・シップリー賞を受賞。
1979 年 ラザール・キャプランがジュエラーズ・オブ・アメリカ初の殿堂入りをする。
1983 年 LKI 社がダイヤモンドへのレーザー刻印技術を開発。国際特許を取得。
1984 年 モーリス・テンペルスマンとその息子レオンがLKI 社の役員に就任。その原石からダイヤモンド製品のマーケティングに至るまですべてをカバーする経営スタイルを発足。
1991 年 ボツワナ政府とジョイント・ベンチャーとしてラザール・キャプラン・ボツワナを設立。
1994 年 ロシア政府とジョイント・ベンチャーとしてダイヤモンド輸出業を開始。カッティングおよび、ポリッシング施設の開設にかかるとともに、より効果的な供給を図るための技術を委託する。
1997 年 ラザール・キャプランの息子、ジョージ・キャプランがAGS のロバートM. シップリー賞を受賞。日本におけるラザール・ダイヤモンドの専属ディストリビューション契約を(株)服部セイコーと結ぶ。
1998 年 日本市場でより広範囲な供給をすべく、ラザール・キャプラン・ジャパン・インク(LKJ)を設立。
2002 年 営業上級副社長ボブ・スピーズマンが没後、AGSのロバートM. シップリー賞を受賞。LKI社、3度目の受賞を果たす。
2003 年 創立100周年を記念して新たにスクエア・エメラルド・カットのダイヤモンドとクラシック・クッション・カット・ダイヤモンドを発表。
2004 年 LKI社はナミビアのナムジェム・ダイヤモンド工場にマーケティングおよび技術支援提供をする契約を交わす。LKI社はアンゴラ産ダイヤモンドの発展とマーケティング開発を目的とするアンゴラ政府が組織するソダイアム社と技術支援提携契約を交わす。また、女性の社会的地位向上を目的とするノザラ・インベストメンツと南アフリカのダイヤモンドセクターにて技術支援を交わす。
2005 年 LKI社が企業の社会的責任CSR プロジェクトをアンゴラ政府に提案する。LKI 社のプエルトリコ工場が業界で初めてSA8000 の認証を取得する。
2006 年 LKI社がボツワナでの研磨許可を取得する。LKI 社がCouncil for Responsible Jewellery Practice(CRJP)のメンバーに加わる。
2007 年 モーリス・テンペルスマン会長がCorporate Council Africa(CCA) の取締役会長に任命される。
2013 年 ラザールキャプラン生誕130周年


Five Beliefs 5つの信条

LAZARE KAPLAN
1883 ~ 1986
kp5555.jpg
Do The Right Thing 正しい事をする
Love People 人を大切にする
Make Social Contributions 社会貢献する
Love Nature 自然を大切にする
Pursue Beauty 美を追求する